スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株よりFXの方がいい?
2007年03月25日 (日) | 編集 |
02210074.jpg

↑お散歩中のプレちゃん

私は日本の現物株も数株もってます。

「ゼンショー」100株、株主優待目当て(買値130,000円)
「ファンケル」100株、またまた優待目当て(買値180,000円)
「ジェイエイシージャパン」20株、雑誌にお勧めと書いてあったから(買値460,000円)

の3つです。「ゼンショー」は年間6,000円の食事券が貰えるので年利約4.6%、ファンケルは年間10,000円の自社製品が貰えるので年利約5.5%といったところでしょうか。
まあ、一見すると預金金利よりはるかに良いので御の字なのですが、この二つの銘柄を買った金額(計31万円)をFXで運用したらどうなるか?
NZ/JPYを例に上げると、今現在NZ/JPY(83円)を1,000通貨買ったら、1日当たり16円のスワップ金利が貰えます。
?レバレッジ1倍(外貨預金と一緒)で計算すると、
31万円÷(83円×1,000通貨)=3.7となりますので3枚買えます。で、年間に貰えるスワップ金利は
3枚×16円×365日=17,520円となります。この金額でも「ゼンショー」と「ファンケル」の優待額16,000円を上回ります。しかもあちらは自社製品なのに対しこちらは泣く子も黙る現金です。

さらにもっと追求しましょう。
?安全圏とされるレバレッジ3倍で運用するとします。そうすると、
31万円×3倍÷(83円×1,000通貨)=11.2となりますので11枚買えます。
年間に貰えるスワップ金利は
11枚×16円×365円=64,240円です。
なんと年利20.7%!

ここまでくると比べようもありませんね。もちろん相場の変動によって為替差損する可能性はありますが、それは株も同じかと思います。株と決定的に違うのは通貨は倒産しないということです。絶対ではありませんが、限りなくゼロに近いです。
FXの存在をもっと早く知ってれば株は買わなかったのに~。><
現物株は早めに処分しま~す。^^
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。