スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沖縄ではひまわり満開です!
2009年01月29日 (木) | 編集 |
昨夜のローカルニュースで耳を疑うニュースが流れました。

そのニュースとは、

 「ひまわりが満開で見ごろを迎えています」との事。

 「え!ひまわりって夏じゃないの?」と思いびっくりしましたが、

本日半信半疑で現地へ行ってきました。

行ってみると確かに ひまわり満開 でした^^





00IMG_0774.jpg


00IMG_0822.jpg


00IMG_0854.jpg



00IMG_0818.jpg

ミツバチさんも元気にお仕事してますね^^




沖縄移住2年目。

まだまだびっくりさせられる事の多い今日この頃です。(笑)
スポンサーサイト
デジタル一眼レフ買っちゃった!
2009年01月25日 (日) | 編集 |
今日、デジタル一眼レフを買っちゃいました。

念願の一眼レフデビューです!

買ったのはキャノンの「EOSKISS X2 Wレンズキット」です。

家には元々コンパクトデジカメはあるのですが、

供が産まれてからというもの、

もっといい写真が撮りたいと思い

無性に欲しくなりました。

しかしながら、嫁さんがガンとして許してくれませんでしたが、

苦節3ヶ月ようやく嫁さんを説得することことに成功しました。

説得というか、私が毎日のように「カメラ!カメラ!」というので、

最終的には半ば呆れた様子で 「もう買ったらいいじゃん・・・」

とのお言葉でした。^^;


早速家に帰って試し撮り。

やはり明らかにコンパクトカメラとは違いますね。

背景のボケ感がなんともいえないくらいGOODです。

まだまだ勉強が必要ですが、

可愛い子供の写真をバシバシ撮って

嫁さんを本当の意味で納得させたいです。


沖縄は素晴らしい景色がたくさんありますので、

そっちも撮りまくりたいと思います。^^






沖縄は寒い!
2009年01月15日 (木) | 編集 |
沖縄移住2年目、2回目の冬を迎えております。

初年度はさほど寒さは感じなかったのですが、

今年は寒い!とても寒い気がします。

今朝の気温は12度。この冬一番の寒さです。

「12度で寒い?」

と思われた方、人間の体は不思議なもので

暖かさに慣れると、少しの寒さでも「寒い!」と感じるものです。

4月からは夏なのであと3ヶ月間しのいでいきたいと思います。

沖縄は梅雨明けしました~
2008年06月18日 (水) | 編集 |
沖縄は例年より6日早い梅雨明けしました。

沖縄2回目の梅雨でしたが、

確かに去年に比べれば短かった気がします。

昨日も今日も青い空で覆われ、沖縄は 夏本番 です。

ちなみに夏本番が、10月頃まで続きますけど・・・

暑いのが苦手な方は Σ(゜ロ゜;)!! でしょうけど、

私は暑いのは大好きなので、(*^_^*) です。

連載してます「沖縄移住の理想と現実」ですが、

次回は給料の中身、家計簿の全容などを赤裸々に綴りたいと思います。

是非ご期待あれ~!

PS イナリサーチは全滅でした。><


沖縄は梅雨明け間近?
2008年06月11日 (水) | 編集 |
昨日と今日と沖縄は晴れ渡りすごくいい天気でした。

気温も30度近くまで上がり夏本番です。

ここ最近の私のお風呂は水シャワーです。

お湯を全く使わず水だけで済ませます。

これが実に気持ちいいです。

(嫁さんは温水シャワーですけどね。)

4月ごろからバスタブには使ってません。(嫁も同様)

バスタブに身を沈めるのは12月ごろからですね。


連載してます「沖縄移住の理想と現実」ですが、

これから沖縄移住を考えてる人にとっては幻滅しかねない

内容になってると思います。

事実を書いてるので致し方ありません。


ただ、ただですよ、沖縄には魅力的な点をたくさんある訳で、

私はもう東京に住みたいとは思ってません。

そのあたりのことは追々書こうと思ってますけど、

厳しい現実は現実として書かせて頂こうと思ってます。
沖縄移住の理想と現実 ~仕事編その2~
2008年06月05日 (木) | 編集 |
仕事編の続きです。

今回は沖縄の就職事情についてもう少し細かく書きたいと思います。

沖縄の賃金は目が飛び出る程、激安です。

特に東京から来た人間にとっては軽いショック状態に陥いる程です。

私が、ハローワークに6ヶ月間通い詰めて得たデータを元に書きまますと、

月々の平均的な月給は、

事務職で、12万円~14万円
営業職で、14万円~16万円程です。

賞与については、

夏・冬合計で 2か月分 が平均的なところです。


安いでしょ~?><

もちろん、もっといい条件の会社もあります、が!

そんな会社には皆が殺到するわけで採用される確率は低くなります。

*ちなみにアルバイトの場合、時給650円程度のところが最も多いです。
  

あと給料と同じく大事なのが休日。

東京では週休2日制の会社が大半だと思いますが、

沖縄ではまだまだそんな会社は少なく、

隔週休2日制が平均的です。

週休1日の会社もザラにあります。

ハローワークの求人票に

年間休日60日 と書いてある会社を度々見かけました。(°◇°;) ゲッ


求人の多い業種はといいますと、医療系が多かったですね。

これは沖縄に限ったことではないようですが、

看護師さんなどはすぐにでも仕事見つかるのではないでしょうか。


あと、これはどの業種でも言える事なのですが、

米軍が駐留してることもあり、

英会話が出来る人材を求めてる会社が多かったですね。

(ちなみに私は全く話せません・・・・)


最後に感じたのが学歴です。

東京では学歴をどうのこうのいう会社はあまりなかったのですが、

沖縄では大学卒を条件にしてる会社が結構ありました。

私は最終学歴が専門学校だったので、

学歴を理由に応募すらできなかった会社がありました。

まさかこの年になって学歴を気にする事になるとは予想外でしたね。^^;


学歴はともかく将来的に移住を考えてる方は、

今のうちに(ある程度難関な)資格取得をしておいた方が

断然有利になりますよ。^^







沖縄移住の理想と現実 ~仕事編~
2008年06月04日 (水) | 編集 |
さて、「沖縄移住の理想と現実」の第一弾です。

第一弾の今回は「仕事編」です。


私は出身は九州の田舎なのですが、

社会人生活は全て東京でしか経験してませんので

地方の就職事情の深刻さを甘く考えてました。

実際に沖縄に来てみて深刻さを痛感させられました。


私は東京では4、5回程転職を経験しました。

再就職する際には、ハローワークに行ったり、求人誌などで

就職活動をした訳ですが、やってみたい仕事はたくさんありました。

そして、その中から厳選して会社訪問し、

面接を受け再就職を果たしました。

長年、不動産という専門職でやってたせいか、

知識や経験を買われて不採用になった事がほとんどなく、

再就職で苦労した事は全くありませんでした。

沖縄へ移住する際も、地方の就職難の事は耳にしていたので、

ある程度の事は覚悟してました。

しかし!現実は想像以上に厳しいものでした。


まず、根本的に求人数が少ないです・・・><

東京とは逆で買手市場なのです。

沖縄は全国でもワースト1を争うくらい求人倍率が少ないようです。

雇う側からすれば、雇用条件が少々悪くても人材は集まる訳で、

必然的に賃金を筆頭に、

雇う側に有利な雇用条件になってしまいます。

なので、好条件で雇ってくれる会社は少なく、

そういった会社の求人が出た場合は皆そこに殺到します。

私も例にもれず好条件の会社を狙って応募していましたが、

ことごとく不採用の憂き目にあってしまいました。


今の会社は実に20数社目に応募した会社でした。

その期間、実に6か月。。。

長い道のりでした。><



ことごとく不採用になった大きな理由は2つありました。

まず、1つは年齢です。

沖縄に限ったことではないと思うのですが、

会社はなるべく若い人材の採用を優先する傾向にあります。

30代半ばを過ぎると賃金面や職場の年齢層とのバランスを

考えると30代半ばという年齢は敬遠されがちです。

事実、年齢を理由に不採用になったことは多々ありました。


2つ目の理由。

実は年齢よりもこちらの理由の方が大きかったのかもしれません。

その大きな理由は、私が、本土からの移住者であることです。

こちらの言葉でいう 「ないちゃ~(内地の人)」 だったからです。

昨今の沖縄移住ブームで、

沖縄にはたくさんの「ないちゃー」が移住してきています。

しかし、その一方で定着するのは一部で,

大勢の「ないちゃー」が本土に帰ってしまうのも現実です。

雇う側からすると、せっかく雇っても

すぐに本土に帰られてはたまったものではありません。

事実そういう事例はたくさんあるようです。

私自身も今の会社に採用された時、しつこく何度も何度も

「本土に帰ってしまうことはありませんか?」

と聞かれました。

会社が「ないちゃー」を嫌う理由はもう1つありまして、

沖縄出身の人 (ちなみに、「うちなんちゅ」といいます)と

職場でうまくやっていけるかどうかを心配されます。

「うちなんちゅ」の人は基本的に、

性格が大らかで、のんびり、まったりとしている人が多いです。

せっかちでとても几帳面な「ないちゃー」が

「うちなんちゅ」だらけの職場にうまく順応できるかどうかを

会社側が心配しているのです。


若年層ではない移住者は、

二重のハンデを背負って

就職戦線のスタートラインに立つことになるのです。













沖縄移住、2年目突入~!
2008年05月17日 (土) | 編集 |
早い物で東京から沖縄に移住してきて、

満1年が経ちまして2年目に突入しました。

最初の頃は 期待20%、不安80% といった感じでしたが、

まあそれなりになんとかやってこれました。

今は将来の見通しも経ったので、

期待の方が大きいかなといった感じです。


ただ、なんですね、

巷では沖縄移住がブームになってまして、

沖縄を「地上の楽園」などともてはやしてますが、


ここは決して楽園などではありませんよ~。


勿論人によってはそう感じるかもしれませんが、

大半の方は厳しい現実に直面するのではないでしょうか。

沖縄には数多くの方が移住してくるのは事実ですが、

また数多くの方が本土に帰ってるのも事実です。

私は仕事柄不動産を扱ってますので、

色々な理由で本土に帰ってしまった移住者を

目の当たりにしています。



一応、私たち夫婦としては、

「沖縄の生活は厳しいけど、でももう東京には住みたくない」

というのがお互いの一致した意見ですので、

沖縄に骨を埋めるつもりではいます。

30代後半になってますので、

都会での生活は何かと疲れます。

若いころは何でもなかった新宿・渋谷のあの人混みが

年をとると、とてもストレスを感じます。。。。


あ~、でも久々に東京行きたいですね。

行きたいお店なんかいろいろあるので、

ホント、マジで何日か東京に行きたいです。



え~と、日を改めて、

「沖縄移住の理想と現実」

なるものを赤裸々に綴ってみたいと思いますので、

沖縄移住のご関心のある方(関心のない方も)

是非ご覧になってください。^^


光市母子殺害の判決
2008年04月22日 (火) | 編集 |
懐妊の報告に対し、たくさんの暖かいコメントを頂きまして、

今一度御礼申し上げます。



今日は、光市母子殺害の判決が下されました。

判決はご存じのとおり、死刑となりました。

この事件は数年前から注目していた事件だったで、

とても興味深く見守ってました。

主文でもありましたが、被告の供述は死刑を逃れるための

こじつけでとても疑わしいものでした。

弁護側は死刑という制度を廃止する為にこじつけで弁護してる

ように思えました。

極めて妥当な判決が出て良かったと思います。



遺族の元村さんの精神力は凄いですね。

ここまでくるのに9年間も費やした苦労ははかりしれないと思います。

愛する家族を失ったという心の痛みはこれからも一生続くと思いますが、

どうか頑張って欲しいと思います。




おめでたいことがありました。
2008年04月20日 (日) | 編集 |
内輪の話ですが、おめでたいことがありましたのでご報告致します。

最近判明した訳ではないのですが、




なんと!ベビーを授かりました。







プレーリードッグのベビーですけどね、、、、









なんていうオチではなくて

人間の赤ちゃんです。


嫁さんのお腹は日増しに大きくなっています。

4か月に入ったとこらしいです。

秋には家族が1人増えることになります。

そして、20年後には家族口座が一つ増える事になります。



沖縄に移住してから間もなく1年が経ちますが、

沖縄移住の目的の一つが子育てにありました。


私は元々田舎の育ちで、東京に18年間いた訳ですが、

「東京では子育てしたくないなあ~」

というのが率直な思いでした。

嫁さんも思いは同じでしたので、

田舎に移住を決意した訳です。


勿論、東京は魅力あふれる素敵な街です。

移住した今でも東京は大好きです。

しかしながら、子供の間は田舎での生活が

いいんじゃないかと思いました。

大自然との触れ合いを存分に楽しませ、

伸び伸びと育てたいと思います。



ちなみに、予定では高校生活までは沖縄で、

大学か社会人以降は東京に出そうと思ってます。

生涯沖縄というのもそれはそれで非常にまずいと思いますので、

都会の荒波に揉まれさせようと思います。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。